クロスカブ

大阪~奈良~京都で涼と饂飩とソフトクリームを堪能したクロスカブツーリングログ

長谷寺 CC110 ツーリング

8月初旬。茹だる暑さの中、クロスカブでツーリングに行ってきたログです。

涼を求めてルートを組んだわけではなかったんですが、ほとんどが山裾を通るルートだったので、走ってる間はあんまり汗を感じず涼しかったです。

交通量も少ないところが多くて、概ね(←ここがポイント)オススメのルートです。

今回のルート

概要

総距離は170㎞ほどです。かなりのんびり走って、食事・休憩時間も合わせて合計約7時間です。

  • 出発(9時)・ゴール(16時半):ひらかたパーク
  • 桜井市初瀬にある与喜饂飩(11時頃)でお昼ご飯
  • 長谷寺ですこしのんびり
  • 道の駅みなみやましろ村でソフトクリーム(15時頃)

ルート詳細

出発・到着:ひらかたパーク
→1号線を京都方面へ
→天の川を右折、20号〜168号を南下
→北田原大橋を左折して163号へ
→川ノ尻をそのまま直進、木津を左折
→上狛四丁目を右折
→笠置大橋を右折して4号(笠置山添線)へ
→柳生をそのまま南下し、369号へ
→針インター北を右折
→すぐに針を左折して38号(桜井都祁線)へ
→与喜饂飩
→長谷寺
→来た道を戻って笠置大橋を右折、163号を三重津市方面へ
→お茶の京都みなみやましろ村
→来た道を戻る

クロスカブツーリングハイライト

笠置山添線は道が狭くて怖い箇所がある

163号を気持ちよく走り、さあ初めて通る道だーと笠置橋を渡って4号へ。

最初は古い町並み良いね〜とルンルンでしたが、すぐにおや…?という雰囲気に。

すごく…狭いです…。

道幅が1~1.5車線分ほどしかなく、バイクと車のすれ違いでさえ苦労しそうな狭さ。

車が来たらどうしよう…とハラハラしながら徐行で進みました。

幸い、行きはバイク1台とだけの対向でしたが、帰りは後ろから走り慣れているであろう車が結構なスピードで2台も来たので、退避できるところに出るまで半泣きでした。

怖い箇所は笠置橋から府県境付近までの短い距離ですが、離合が難しいクネクネ道を走るのは心臓に悪いですね。

笠置山添線の狭小区間の参照

【過去記事再掲】主要地方道4号笠置山添線 : 一生春か秋でいい。

柳生から桜井都祁線はめちゃめちゃ快適

さて、奈良市柳生から桜井都祁線を経て、長谷寺、与喜饂飩までの道はめちゃめちゃ快適です。

大半が広い二車線で交通量も少なく、後ろから車・バイクが来ても抜かしやすいので、安心して50km/h前後でトコトコ走れました。

バイカーの聖地らしい針テラスのすぐ近くを通るので、足を伸ばしてもいいかもしれません。

たいへん美味しい与喜饂飩

与喜饂飩

お昼ご飯を与喜饂飩で食べると決めていたので、開店時間の11時頃に着くように大阪を出発しました。

ここは以前長谷寺に来たとき、たまたま入って後に有名店だったと知ったお店。饂飩はもちもちだし、お出汁も美味しいし、天ぷらも種類が沢山あって選び放題で最高なんてす。

与喜饂飩 ひやかけ もずく天 えび天

私はひやかけにもずくと海老の天ぷらのセットを頼みました。夏のひやかけは最高ですね。お出汁を全部飲み切りました。もずくの天ぷらは正直あまり味が分からず…。 

この日は私が入った後すぐに満席になり、出る頃には何組待ちになっているのかというぐらいの繁盛ぶり。休日は開店直後が狙い目ですね。

夏の長谷寺は暑い

長谷寺 CC110 ツーリング

お腹を満たした後は長谷寺へ。

長谷寺の前で、このツーリングで初のクロスカブの写真を撮りました。バイクってなんか気合入れて写真撮る!って決めないとずっと走ってしまう…。

長谷寺 CC110 ツーリング
長谷寺 登廊
長谷寺 本堂
長谷寺 CC110 ツーリング

コロナウィルスの影響で、ほぼ人が居なくてかなり見やすかったのですが、暑さがヤバかったので長居できませんでした。残念。

みなみやましろ村で抹茶ソフトクリーム

道の駅みなみやましろ村 抹茶ソフトクリーム

長谷寺を出た後は、饂飩を食べてお腹パンパンだけどデザートは別だよねってことで、道の駅みなみやましろ村に向かって走ります。

行きとは違う道を走ろうかとも思いましたが、来た道が良かったので、笠置大橋までピストンで戻ることにしました。

のんびりトコトコ走れる道って最高ですね。このルート、(狭小区間以外は)めっちゃ気に入りました!

みなみやましろ村では抹茶のソフトクリームをいただきました。お茶の風味が濃厚で美味しかったです。

道の駅みなみやましろ村 茶いくるライン

茶いくるライン、ツーリングのルートを考えるときの資料として撮っておきました。

まとめ

今回のツーリング、この時点では自身最高の走行距離となりましたが、こまめに休憩を挟んだこともあり、身体自体はそんなに疲れず走れました。クロスカブすごいね。

次はもうちょっとクロスカブの写真も撮ろうと思います。

こちらの記事もおすすめ