買ってよかったもの/やってよかったこと

【おすすめのビーズクッション1選】大東寝具工業の「tetra」

大東寝具工業 tetra ビーズクッション

私の愛用している大東寝具工業のtetraをもっと広くみんなに知ってほしい。という気持ちを込めて記事タイトルにしました。

大東寝具工業のtetraは非の打ち所がないので、おすすめのビーズクッション1選です。

ためしに公式HPに載っているtetraの納入事例(このページの下の方です)を見てみてください。

全部おしゃれ空間です。

洗礼された宿に納入されている≒商品も洗礼されているといっても過言ではないのでは?←

この記事では私の愛用するビーズクッション、大東寝具工業のtetraを紹介します。

正直に申し上げると、私は無印良品、ニトリ、Yogiboなんかの他の有名どころのビーズクッションを日常的に使ったことはないです。

が、売り場で試しに座ってみたり、ネットで評判を見たりして、やっぱりtetraがいいなあと思うので、tetraを使い続けています。

大東寝具工業のtetra

tetra – 大東寝具工業オンラインストア

大東寝具工業は、1925年に京都の伏見で創業された寝具屋さんです。
tetraはその大東寝具工業が作ったビーズクッションです。

特徴はテトラの名の通り三角形をしているところ。

大東寝具工業 tetra ビーズクッション

クッションの上に座ると、三角形の頂点側が立ち上がって背もたれになる構造です。

クッションに座らずにもたれかかれば、30度ぐらいの程よい角度で支えてくれます。

サイズはスモール、レギュラー、ビッグの3種類。

私が持っているのはレギュラーサイズのsousouとのコラボ商品(少し割高です)。

私のを使ってもみて妹も買ったので、今家には2つあります。

大東寝具工業のtetraのいいところ

大東寝具工業のtetraのいいところを挙げると

  • 大きく見えないから部屋に圧迫感がない
  • カバーの種類が多くてどれもおしゃれ、そのうえ無料で生地サンプルも送ってくれる
  • 沈みすぎず適度な支持感がある
  • ビーズクッションなのに熱がこもらない
  • ヘタってきたらビーズを足せば復活する
  • 軽いから移動させるのも楽
  • カバーが洗える

と、実に7つです。最高。

大きすぎないから部屋に圧迫感がない

三角形なのでサイズ表記が難しいようで、公式でのサイズ表記も高さ×奥行きしかありませんが

  • スモール︰45cm×45cm
  • レギュラー︰70cm×88cm
  • ビッグ︰95cm×115cm

ビッグサイズはさすがに存在感あるでしょうけど、レギュラーは「ちょっとでかめのクッションだね」ですむぐらいの大きさです。

大東寝具工業 tetra ビーズクッション

レギュラーサイズとたたみ一枚(団地間)との比較です。

団地間のたたみ半畳分ぐらいなので、一人暮らしの部屋でも大きすぎず圧迫感がありません。

実際に私と妹が買ったのは、6~7畳の1Kで一人暮らしをしている時です。

カバーの種類が多くてどれもおしゃれ、そのうえ無料で生地サンプルも送ってくれる

上記した通り、私の持っているtetreはsousouとのコラボ商品です。

大東寝具工業 tetra ビーズクッション

端的に言っておしゃれ。好き。

tetraはsousouとのコラボ商品だけでも、2019年11月10日時点で31種類のカバーがあります。

そして本家の大東寝具工業では

  • しっかりとした素材の「8号帆布」
  • 短い毛並みのあるソファー張り生地の「CHENILLE」 
  • 洗うほどに馴染む「デニム」 
  • 高級乗用車の内装素材を使用した「NISSAN×tetra」
  • 擦れや引っ張りに強い柔道着素材を使用した「JUDO」
  • 少し大人な印象のある「tetra grande シリーズ」
  • ジブリとのコラボの「STUDIO GHIBLI ×テトラ」
  • カーボン素材カバーの「NISHIJIN Carbon × tetra」

の、カバー素材だけで8種類。

カラー展開を合わせると全部で何種類よ?という豊富さ。

さらに色見本の生地サンプルも無料で送ってくれるサービスもあり!

あなたのお部屋にぴったりのクッションカバーがきっと見つかる!!(CM風)

沈みすぎず適度な支持感がある

大東寝具工業のtetraは、他のビーズクッションや低反発素材の悪いところ(と私が思っている)である『フィット感を優先し過ぎるゆえに支持性が低くて動きにくい』がありません。

tetraの中に入っている中材の発泡ビーズが5mmと大きめなのが、適度な支持感を生み出してくれています。

ビーズクッションの『自分の体に合わせて包み込んでくれる感じ』と、『適度な支持性』が合わさって、姿勢を変えるのがとても楽。長時間使っても疲れ知らずです。

ビーズクッションなのに熱がこもらない

これも5mmという発泡ビーズの大きさのおかげでしょうね。

夏に使っても熱がこもらず快適。年がら年中大活躍です。

ヘタってきたらビーズを足せば復活する

中材の発泡ビーズが別売りであるので、ヘタってきたら足しましょう。家に来たときと同じ硬さに早変わり。フェニックスクッションです。

軽いから移動させるのがラク

軽いし取っ手があるので女でも片手で持ち運びできます。

公式では女性が片手で背負ってます。掃除するときや部屋の移動もラクラクです。

カバーが洗える

カバーと本体が別になっているので、カバーを外して洗うことができます。清潔!

※sousouではカバーが洗える2重構造のタイプと、カバーに直接ビーズが入っているタイプがあります。

大東寝具工業のtetraの悪いところをあえて挙げる

いいところばっかりじゃ怪しまれそう(?)なので、あえて悪いところを挙げようと思ったけど、

  • オンラインストアだと10000円以上買い物をしないと送料がかかるので、補充ビーズの値段が実質割高
  • ビーズを足すのにコツがいる

ぐらいしかありませんでした。

ちなみに上記2点の解決策方法は簡単で

  • 補充ビーズはsousouの『3000円以上の買い物で送料無料キャンペーン』期間を狙って買う
  • 補充の仕方は公式HPに詳しく載っているビーズの補充の仕方を参考にする
    (私はちゃんと読まずに「エイヤー」でやって、えらいことになりました)

です

クッションジプシーに終止符を打とう

以上、私の愛用する大東寝具工業のtetraの紹介でした。

tetraにもたれてテレビを見ながらウトウトするのは至高の一時です。「家にこんな桃源郷があったとは」ってなります(母親は毎日桃源郷に行ってます)。

tetraでクッションジプシーに終止符を打ちましょう。

こちらの記事もおすすめ