お酒

半日でUSJで遊べるようになる二日酔いの治し方【BCAAは効く】

飲み始める前は二日酔いになるまで飲まない!と決意していても、いざ飲み始めると楽しくてパカパカ飲んでしまって、結局二日酔い・・・。

何度経験しても辛いですよね。

この記事では私の体験を元に、半日で二日酔いから回復してUSJでウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターその他のアトラクションに乗れるようになる、二日酔いの治し方を紹介します。

結論としてはBCAA+水分はかなり効きます!!

積極的に吐く

私は深酒した後、水分をとらずに寝ると決まって吐きます。

経験上、吐きそうなときは素直に吐くほうが二日酔いが治りやすいです。体力を使うからといって吐くのを我慢すると残りやすい気がします。

このときは朝4時頃に胃の不快感で起きて、即行でトイレでマーライオンになりました。起きる→吐く→寝るを4回ほど繰り返します。

胃薬を飲む

胃の不快感はかなり軽減します。

20代のころはムダな反骨精神で「こんなのはただのプラセボ効果!」と思って飲まなかったのですが(バカ)、効果は十分に体感できます。

私はもう吐ききったかな・・・と思うタイミングで飲んでいます。

粉末BCAA+水分はかなり効く

これが本当に効きました。

二日酔いのときって、水分を摂らないといけないことは分かっているのに、水やお茶は胃が受け付けないことが多いですよね。

このときも自宅にスポーツドリンクがなかったので頑張ってお茶を飲んでいたんですが、妹から「お茶とか水より飲みやすい」とBCAAを勧められまして。

BCAAを水に溶かして飲んだら、本当にごくごく飲めました

二日酔いにはスポーツドリンク!と思って半日で2L飲んだら、逆に気分が悪くなって吐いてしまった経験があるんですが、これは1時間で800mlぐらい飲んでも吐きませんでした。

エビデンスはまだ確立されていないようですが、十分効果を体感できました。

中でも、浅部医師のオススメは「BCAA」(分岐鎖アミノ酸)。「科学的な立証はまだだが、炎症を抑え、肝臓を保護する効果も認められているので、二日酔い対策の効果が期待できる」(浅部医師)という。

二日酔いの朝、カラダを復活させる即効リセット術|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

食べる

吐く、胃薬を飲む、BCAAで水分摂取でかなり回復。

起きたときは「USJどころか電車に乗ることもムリなのでは・・・」と思っていた状態から、待ち合わせ場所のUSJ入り口までは行けるところまで持ち直しました。

(しかしマーライオンタイムにより30分以上遅刻している)

合流後、USJに入る前にお昼を食べてから入ろうとなり、モスバーガー(!)に行きました。

ここで何を食べるか悩んだんですが、野菜バーガーセットを頼み、結果完食

フライドポテトを食べても気分が悪くならなかったので、これならどのアトラクションもイケル!と確信しました。

ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター初ライド

食事後、入園し待ち時間実質40分ほどで乗れました。

初めて乗ったんですが、スゴイですね・・・!!

楽しかったんですが、マーライオンになるほどではないものの気分はちょっと悪くなりました。

でも万全の体調で臨んだ友人(この人も初めて乗った)も酔ったと言っていたので、これは二日酔いが原因ではないと思います。

まとめ

上記の体験から、二日酔いから回復するには以下の方法が有効だと思います。

  • 吐く
  • 胃薬を飲む
  • 粉末BCAA+水分摂取

あとは食事を摂ることで回復度を見極めることができるかな?と思います(あえてフライドポテトを食べる必要はないですが)。

ただ、一番いいのは二日酔いしない程度に飲む量を抑えることに間違いないですね(汗)

こちらの記事もおすすめ