買ってよかったもの/やってよかったこと

【SINJIMORU SINJI POUCH FLAP】おさいふケータイっぽく電子マネー決済ができるポーチ

最近QRコード決済が盛んですね。

あれもこれも手を出したら収集がつかないので、私は楽天payとpaypayしか使っていません。

ただ、正直QRコード決済ってめんどうですよね。

決済スピード遅いし。いちいちアプリを起動しないといけないし。使えるところが限られてるし。

やっぱり決済の早さ、使える場所の多さという点では電子マネーが便利だなあと改めて思っています。

ところが

【悲報】私のスマホはおサイフケータイ非対応

今のスマホ買ったときはまだ電子マネーとか使ってなかったから・・・。

でも一回使ったらあの便利さは忘れられない。

でも財布からわざわざカードを出すのがめんどくさい。

どうにかおさいふ非対応のスマホでも、スマホをかざすだけで電子マネー決済できないかと調べた末に見つけたのが、SINJIMORU SINJI POUCH FLAPです。


この記事では私が愛用しているSINJIMORU POUCH FLAPについて紹介します。

SINJI POUCH FLAPとは?

スマホや手帳にカードを収納するための外付けカードホルダーです。

私はスマホケースにつけています

カードを入れる部分は伸縮性のある素材で、ある程度厚みのあるものにも対応できます。

メーカー推奨はカード2~3枚程度。

ポーチにはカードが落ちないようフタがついています。

色は12色展開で、スマホやケースの色に合わせてポーチを選ぶことができます。

私が使っているのはブルーです。

使い方:SINJI POUCH FLAPをスマホの裏に両面テープで貼り付ける

付属されている3Mの両面テープでスマに貼り付けます。

たったこれだけ。

SHINJI POUCH FLAPにカードを入れたら、おさいふケータイのようにカードリーダーにスマホをかざすだけで決済できるようになります。

やったね!

両面テープで貼り付けるとか危なくない?外れない?

私も買う前は、カードごとSHINJI POUCH FLAPがスマホから外れるのでは?と不安に思ったんですが、

  • 自宅の壁に3Mの両面テープで取り付けている人感ライトが台風を乗り越えている
  • アマゾンのレビューでも落ちたという人はいなかった
  • 2011年から継続して発売できているのは、ポーチが外れるという事故がないからでは

という点から、落ちないと信じて買うことにしました。

今で9ヶ月使っていますが、ポーチは一度も外れたことはないです。

今回調べて知ったのですが3Mが作っている粘着テープは、車の製造やビル建築にも使われているとのこと。

ビル建築にも使われる 世界一強力なテープはどれくらい強力なのか | from AERAdot. | ダイヤモンド・オンライン

この技術力を持っている会社が作った両面テープなら信じられる!

あ、もちろんポーチからカードが落ちたこともないですよ。

フタがいい仕事してます。

スマホ持ったときに違和感ないの?

SINJI POUCH FLAP 厚み

カード1枚だけならこの通りの薄さなので、特に違和感はありません。

たくさん入れてしまったら違和感バリバリでしょうね。

メーカー推奨の2~3枚が、ポーチに入れて使える現実的な枚数だと思います。

欠点?:毛玉ができる

あえて欠点を上げるとすれば、カードを入れる伸縮性のある素材部分に毛玉ができることでしょうか。

写真を撮る前に毛玉とりをかけたのですが、これが限界みたいです。

私はこの程度の毛玉は気にならないので『あえての欠点』ですが、気になる人はちょっと使うのは難しいかも?

まとめ:SINJI POUCH FLAPは対費用効果バツグンでおすすめ

おさいふケータイ非対応のスマホでも、SHINJI POUCH FLAPを使えば、おさいふケータイのようにストレスフリーで電子マネー決済ができます。

980円でこの便利さはすごい!(値段は2019/9/29現在のものです)

私は今のスマホに不具合が出て買い換えるまで、SHINJI POUCH FLAPで快適な電子マネー決済環境を維持していこうと思っています。

こちらの記事もおすすめ